インプラント 審美 歯科 小児歯科 矯正 歯科認定医による専門外来 有明デンタルクリニック

  • HOME
  • 治療内容
  • クリニックについて
  • 専門医の紹介
  • 診療時間・スケジュール
  • アクセス
インプラント 当クリニックのインプラント治療の特徴

炭酸ガスレーザー GC NANO LASER GL-III FINE 当クリニックでは、長い期間、安心して使って頂ける、患者様の安全を第一に考えたノーベルバイオケア社のインプラントを採用しています。
また、CTスキャン「PLANMECA ProMax 3D」を導入し、確実なインプラント術前CT画像診断が行えるため、精度の高い手術が可能です。

インプラント治療について

インプラントとは、失ってしまった天然歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を装着する治療法です。従来の入れ歯とは違って、健康な歯を削る必要もなく、固定性であるためガタついたりせず、自分の歯と同じように“食べる・話す”ことが出来るようになります。

10年経過している患者様の術前・後

初診時 術後 パノラマ正面 咬合面観上下 インプラント治療のメリット

・ 周囲の健康な歯を削る必要がありません。
・ インプラントによる入れ歯なら、天然の歯とほとんど同じ感覚で噛めます。
・ 自然な外観や表情を取り戻すことができ、人前で話すこともまったく平気です。
・ 噛む機能が回復することで食べ物の制限がなくなり、バランスの良い食事が
 楽しめます。 楽しい食事は体を健康に保つだけでなく、心までも健康にします。

インプラント治療のデメリット

・ 自費診療のため健康保険の適用を受ける事ができません。
・ 歯茎に埋める外科的処置(歯茎に埋める処置)が必要です。
・ 人工の歯が歯茎の骨に着いて、噛む力が与えられるまでに約3~6ヶ月くらいの
 治療期間が必要です。(治療期間は患者様の骨などの状態によります。)

従来の治療法との違い

歯を1本失った場合 従来の治療法「ブリッジ」両面の健康的な歯を削る必要があります。 「インプラント治療」健康な歯を削ることなく、天然の歯と区別がつかない歯並びを再現できます。 歯を数本失った場合 従来の治療法「部分入れ歯」金属の留め具などに違和感を感じ、見た目も良くありません。かたいものが安心して食べられません。 「インプラント治療」留め具などを使わないため、口の中に違和感を感じません。しっかり固定されているので、かたいものを食べても安心です。 歯を全て失った場合 従来の治療法「総入れ歯」ガタつきがあると安心して食事ができません。いればがズレたり、食べ物が内側に入って痛くなることがあります。 「インプラント治療」自分の歯のようなしっかりした噛みごこちで、安心して食事ができます。いればのように外れる心配もありません。

ノーベルバイオケア導入

ノーベルバイオケアは、近代歯科インプランとを世界で初めて製品展開した、審美歯科修復製品の総合メーカーです(本社:スイス)。近代インプラントシステムのパイオニアとして一番長い歴史を誇り、その製品は世界70カ国以上で使用されています。
当クリニックでは、40年以上の臨床実績を持ち、業界トップシェアを誇るノーベルバイオケアの製品を患者様に自信を持っておすすめしております。

Nobel Guide®(ノーベルガイド®)

CT撮影データとシミュレーション ソフトウェアを組み合わせて、治療計画をサポートするコンセプトです。手術の前に骨の形態や質、神経の位置等を把握し、安全・安心な治療をサポートします。患者様と術者の安心度が増す最良のシステムです。
「NobelGuide®」について詳しくはこちら

ノーベルガイド®システムを使用した患者様の術前・後

2本インプラントが平行、隣在する歯にも当たらず、上顎洞(副鼻腔)にも突き抜けずシミュレーションで設計したとおりに埋入されています

インプラント治療の流れ

1.「診査・診断・治療計画」インプラント治療に必要な検査を行い、治療が可能かどうかの診断を行います。治療可能な場合は、患者さんと相談しながら治療計画を立てます。 2.歯茎を開き、あごの骨にインプラントと同じ大きさの穴を形成します。しっかり固定するようにインプラントを入れ、歯茎を閉じます。 3.インプラント埋入手術(2回目)インプラントが骨と結合したら、人口骨を取りつけるための部品を連結し、歯茎から露出させます。 4.仮の歯の取り付け お口の中の型をとり、あなたに合った仮の歯を制作します。仮の歯で噛み合わせを調整します。 5.完成 天然の歯と見分けのつかない人口歯をインプラントに装着し、お手入れの仕方などを練習します。 6.メンテナンス インプラントの形や特徴をよく理解した上で、担当医の指導に従ってブラッシングを行い、歯垢や歯石の沈着を防ぎます。歯を長持ちさせるために、定期的に担当医の検診を受けることをお勧めします。

よくあるご質問

治療期間はどのくらいですか?

個人差はありますが、一般的に3ヶ月から6ヶ月程度です。
インプラントを埋入する部位にもよりますので、担当医にご相談ください。

費用はどのくらいかかりますか?

インプラント治療は現在保険治療が行えません。
使用する本数や種類などによって異なりますので、詳しくは担当医にお尋ねください。

治療はだれでも受けられますか?

顎の骨が完成する20歳前後から、お年寄りまで健康な方であればどなたでも可能です。
ただし、歯がない部位の骨の量が少ない方や妊娠中の方、全身疾患のある方などは制限される場合がありますのでご相談ください。

一度入れたインプラントに寿命はありますか?

患者さんのお口の衛生状態によって変わりますが、きちんとお手入れをすれば長持ちしますし、逆に手入れが悪いと寿命が短くなる場合があります。長持ちさせるためには、しっかりとブラッシングし、医師による定期健診でチェック、指導してもらいましょう。

インプラント治療後、食べ物などの制限はありますか?

インプラントは顎の骨と結合し、丈夫な土台となりますので、自分の歯と同じように固いものでもしっかりと噛むことができますので、入れ歯のような制限はなくなります。