インプラント 審美 歯科 小児歯科 矯正 歯科認定医による専門外来 有明デンタルクリニック

  • HOME
  • 治療内容
  • クリニックについて
  • 専門医の紹介
  • 診療時間・スケジュール
  • アクセス
睡眠時無呼吸症候群 睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は、下記の様に定義される病気です。
一晩(7時間)の睡眠中に10秒以上の無呼吸や低呼吸が30回以上起こる。 または、睡眠1時間あたりの無呼吸数や低呼吸数が5回以上起こる。 したがって、睡眠中に呼吸が止まった状態が断続的にくり返されるので、睡眠を 十分取る事ができず、日中の眠気・集中力低下・活気に欠ける・居眠りがちになるなどの症状が起こりやすくなります。 厚生省では睡眠1時間あたりの低呼吸数が20回以上おこる場合では、5年後の生存は84%(5年後の死亡率は16%)と報告しています。

治療法について

マウスピース療法

マウスピース療法は、睡眠中に装着し、舌や下あごを前方に固定することで舌の後方の気道スペースを広げ気道の閉塞を防ぐ、身体への負担が少ない治療法として、いびき症と無呼吸症候群に用いられています。

装着すると気道が開き空気が良く通るので、いびきや無呼吸に効果があると考えられ、その効果は高く、有効率は90%にもなると言われています。
また、マウスピースは比較的安価(保険適用可)で、小型のポケットサイズなので旅行中など、いびきの気になる方が気軽に利用されるケースが増えてきています。
マウスピースは、睡眠障害の専門医と連繋を持つ経験豊富な歯科医師によって作成してもらうことをお勧めします。

マウスピース

CPAP療法

CPAP療法は、CPAP装置本体から、エアチューブ、鼻マスクを介して、予め設定した圧力(陽圧)を気道へ送り、起動を常に陽圧に保つことにより、気道の閉塞を防ぐ、いわば空気の添え木のような役割を果たします。

外科手術

気道内の扁桃の極端な肥大、口蓋垂(のどちんこ)が極端に長いなどのような病的症状には外科手術の必要があります。いびき、睡眠時無呼吸症候群の手術で最も広く行われているものが、UPPPとLAUPです。
両者とも気道が狭く閉塞をおこさないようにの形を変えることにあります。また、外科的に咽頭部を拡大するので呼吸がしやすくなり体内の酸素量も増加します。酸素量が増えれば心肺系の負担が減るため、いずれも高血圧や循環器系などの合併症抑制にも有効でしょう。

治療の流れ

1. 来院

まず、当クリニックで口腔内診査を行い、近隣の睡眠障害の専門医の先生をご紹介します。

2. 精密検査

その後、紹介先で精密検査を受けて頂き、検査データと紹介状をもらって、再度当院に来院していただき、経験豊富な当クリニックの医師がマウスピースの作成を行います。

3. 調整

マウスピースをセットした後、2、3回ほど調整を行い、お渡しします。